在宅ワークをしたいなら必見!税金の基礎知識

こんにちは。

NS Laboの岡田明子です。

今回は、在宅ワーカーの基礎知識と知っておきたい「税金」についてお伝えします。

私自身、独立前に経理の仕事に携わっていたので

少しは知識はあったものの、今でも苦手な部分ではあります。

慣れれば簡単なので、是非覚えておきましょう!

在宅ワーカーが支払う税金とは?

会社に勤めていれば、税金の支払いは会社が手続きをしてくれますが

個人事業主である在宅ワーカーは自分で納税しなくてはなりません。

まずは「所得税」の計算方法を覚えておきましょう。

所得税とは?

所得税とは、1年間に得た所得に対して課税される税金のことを言います。

個人事業主の場合は前年の所得や税額を確定申告し納税します。

利益を計算しよう

利益(事業所得)から税金を計算するので

まずは毎月の「利益」を計算しておきましょう。

収入から必要経費を引いたものが「利益」となります。

必要経費とは

  • 交通費
  • 郵送費
  • サーバー代
  • 事務用品費

など仕事を行うためにかかった費用を指します。

経費でかかった領収書は必ず保管して

毎月、項目ごとに整理しておくと良いでしょう。

所得控除とは?

所得控除とは、様々な種類がありますが

全ての納税者が無条件に適用されるのが「基礎控除」です。

基礎控除の38万円を所得から引くことができます。

 

上記の利益(事業所得)から所得控除を引いたものが

「課税所得」となります。

この課税所得を税率計算をもとに算出すると

所得税が計算でき

この所得税を期日までに納税します。

所得税がかからない場合とは?

収入が年間103万円以下の例でお話しします。

青色申告をすることで

65万円の所得控除が受けられます。

給与所得控除の65万+基礎控除の38万円

合計103万円の控除が受けられるので

103万円までの収入であれば課税所得は0円となります。

 

青色申告で65万円の控除を受けるためには

損益計算書や賃借対照表を作成して提出する必要があります。

 

私が個人事業主でやっていた時は

利益や経費を入力するとこの申告書類を自動で作成してくれる

ソフトを使用していました。

ちなみに私は「やよいの青色申告」を使用していましたよ。

入力も簡単にできるのでおすすめです。

在宅で働くにはこのような税金の基礎知識も知っておきましょう。

------------------------------


栄養士・管理栄養士の皆さん

私にLINEで質問してみませんか?

在宅ワーク、キャリア、起業、収入、生き方のご相談を受け付けています。


パソコンの方は
こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。



スマホの方は以下のアイコンをクリックして お友達に追加してくださいね。

友だち追加


 
The following two tabs change content below.

管理栄養士 岡田明子

管理栄養士歴18年。在宅ワーカー歴8年。    在宅ワークで仕事と家庭の両立をし充実したライフスタイルを過ごしています。    経済的自立を目指す女性を応援!   詳しいプロフィールはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です