再就職や転職を考える栄養士・管理栄養士のための失敗しない仕事選び

こんにちは。NS Laboの岡田です。

私自身、管理栄養士として実は3回程転職をしています。転職を繰り返すことは悪いイメージを持たれる方も少なくありませんが、キャリアアップのための転職であれば、私は良いと思っています。

現に、私は転職を繰り返すごとにキャリアアップできましたし、その経験が今でも活かされていると感じています。そこで、今回は栄養士、管理栄養士の再就職や転職についてお伝えしていきます。

再就職や転職を考える理由とは?

栄養士、管理栄養士の仕事は、ハードで離職率も高い職種の1つです。この記事をご覧の方の中にも、就職→退職を繰り返していて、「栄養士や管理栄養士がむいていないのでは」と、悩んでいる方も多いのかもしれません。栄養士、管理栄養士の仕事はハードな内容の割に、収入が低く、過酷な仕事環境や人間関係に悩んで体調を崩し退職してしまうこともあります。

 

例えば、給食施設内での、調理師さんとの意見の食い違いや女性の多い職場環境などで人間関係に悩み、ストレスで自律神経失調症になってしまった、という話も聞くように、患者さんや何らかの疾患がある方、健康な方をより健康にするために働いていたはずなのに、自分自身が不健康になってしまったという栄養士、管理栄養士も少なくありません。

今の仕事を辞めて再就職や転職をしようと考えている人は、このような理由で悩んでいるのではありませんか?

栄養士、管理栄養士を辞めたい理由

 

・仕事がハード

・希望している仕事内容とのズレ

・仕事環境が悪く体調を崩しがち

(早出や遅出などの不規則な時間、厨房内の暑さ、立ちっぱなしによる慢性的な疲れなど)

・人員不足による残業で、拘束時間が長くプライベートが充実していない

・給料が安い

・女性が多い職場環境で、人間関係のトラブルで精神が病む

・責任重大な業務によるストレス

・栄養士、管理栄養士という立場上、年上の調理師、調理員への指示をだすこともあり、うまくコミュニケーションがとれない

 

再就職を考えるまえに

栄養士、管理栄養士を目指して、必死になって勉強したことを考えると、再就職先も栄養士、管理栄養士として働きたいと考える人は多いようです。「今の職場がきついから」「人間関係に疲れたから」という理由で、転職しても、そこで自分が頑張れるかどうか見極めることです。

委託会社に勤めていた経験のあるAさんは、人間関係やハードな業務で体調を崩し、「仕事を続けていけないな」と退職し、別の委託会社で働きだしました。しかし、慢性的な人員不足によるハードな業務が続き、その結果、また再就職するということになったそうです。

今の環境が嫌だからと逃げ出すAさんは、委託会社を転々とする再就職難民です。若いうちは、このように再就職を繰り返しても仕事がたくさんあり、新しい職場がすぐに決まるでしょう。しかし、年齢とともに理想とする職場に再就職することは難しくなります。栄養士、管理栄養士という資格をもっていても、何度も就職、退職を繰り返すと、採用する面接官としては「信用していいのか?」と、疑問を抱くでしょう。

 

栄養士、管理栄養士の再就職・転職先は?

栄養士、管理栄養士は、食にまつわるさまざまな業界で注目されており、仕事ができる環境も増えています。栄養士、管理栄養士が活躍する就職先は下記のような場所です。

 

・給食施設・・・病院や施設、社員食堂、保育園・幼稚園、小学校など

・企業・・・食品会社での商品開発や品質管理、スポーツクラブでの栄養・食事指導、

・研究機関・・・大学や公的機関で、食に関するエビデンスを学会などで発表する

・特定保健指導会社

・料理教室を開催

・食や栄養に関するセミナー

・食や栄養に関するコラム執筆

・出張料理

 

栄養士、管理栄養士として、どんなときが一番楽しいですか?どんなときにやりがいを感じますか?それらは人それぞれですよね。

 

例えば、

・病院で栄養指導して、患者さまが指導の結果が出て健康になったときにやりがいを感じる

・給食施設で献立をたてるときが一番楽しい

・食に関する最新の研究を行い発表したい

・料理教室で、生徒さまに料理を教えて、その栄養情報を伝えているときが楽しい

など、自分が栄養士、管理栄養士としてどんなときに楽しく、ワクワクできるのか書き出してみましょう。

 

自分が楽しい、ワクワクする仕事は何?

Aさんのように再就職難民にならないためにも、再就職する際は、長く続けられるかどうかが重要になってきます。長く続けるためには、自分が、楽しい、ワクワクできると思える仕事がどんなものか分かったら、どんな仕事なら続けられそうか再就職に向かってのゴールがみえてきますね。

ゴールが見えてきたら、情報収集することです。実際に、再就職先のイメージが沸いてきたら、現在その仕事をしている経験者に、状況を聞いてみるといいでしょう。今は、SNSなどでさまざまな活動や取り組みをみることができます。興味があればメッセージを送ってみて、どのような仕事なのか、自分のイメージと擦り合わせてみることもできますよね。

経験者の声を聞いてみると、いざ再就職したものの失敗だったと感じることも少なくなるでしょう。自分が楽しい、ワクワクするという心の声に耳を傾けて、再就職を失敗しないための準備をしましょう。

まとめ

  • 再就職難民にならないために、栄養士、管理栄養士としてどんなときに楽しく、ワクワクできるのか考えてみよう
  • 再就職に向かってゴールが見えてきたら、情報収集すること
  • 経験者に、状況を聞いて自分のイメージとしっかり擦り合わせて、再就職や転職を
=============


栄養士・管理栄養士の皆さん

私にLINEで質問してみませんか?

在宅ワーク、キャリア、起業、収入、生き方のご相談を受け付けています。


パソコンの方は
こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。



スマホの方は以下のアイコンをクリックして お友達に追加してくださいね。

友だち追加


The following two tabs change content below.

管理栄養士 岡田明子

管理栄養士歴19年。在宅ワーカー歴10年。    在宅ワークで仕事と家庭の両立をし充実したライフスタイルを過ごしています。    経済的自立を目指す女性を応援!   詳しいプロフィールはコチラから

岡田明子