管理栄養士在宅ワーク・副業のメリット・デメリットとは?

こんにちは。

NS Laboの岡田明子です。

私自身、在宅ワーク歴8年ですが

これまでの経験で感じる

管理栄養士在宅ワークのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

メリット

まず一番のメリットは

在宅ワークという働き方は場所や時間の制約が少ないことです。

 

パソコンとインターネット環境があればどこでもお仕事が可能です。

特に、転勤族の方にはピッタリな働き方だと思います。

子育てや介護と両立も可能なのも嬉しいポイントですね。

 

また、通勤する必要がないので

あの苦痛な通勤ラッシュでストレスを抱えることもなく

基本は1人で作業を行うので

人間関係のわずらわしさがないのもメリットです。

在宅ワークの5つのメリット

  1. 場所や時間の制約が少ない
  2. 子育てや介護との両立が可能
  3. 通勤時間がなく、ストレスから解放される
  4. 時間を自分のスケジュールに合わせて有効に使うことができる
  5. 人間関係のわずらわしさがない

 

自分のやる気次第で、収入面がコントロールできるのも魅力的ですね。

在宅ワークは自由度の高い働き方です!

デメリット

メリットの「自由度が高い」反面

在宅ワークは、特定の企業との雇用関係がないので

継続した仕事が獲得しにくかったり

収入が安定しない部分があります。

 

また、仕事の管理や報酬の交渉も自分でしなければなりません。

全ては自己責任になるので

業務管理、スケジュール管理はもちろんのこと

体調管理もしっかり行わなければ

在宅ワーカーとして安定収入は見込めません。

在宅ワークの3つのデメリット

  1. 継続した仕事の確保が難しい
  2. 収入の安定が難しい
  3. 業務、体調面含め管理を自分で行わなければならない

 

安定収入を得るために

私も経験していますが

在宅ワークを始めたばかりの時は

収入が安定しにく状況が続きます。

 

しかし、コツコツ実績を積むことで

仕事の幅も広がり

単価もアップしていくので

継続的な仕事の受注も増え

安定した収入を得られるようになります。

でもこれは、在宅ワークだからではないですよね??

 

一般企業や施設に勤めていても

段々、認められ

仕事を任され報酬もアップしていく・・・

 

どの仕事でもこれは同じなのです。

デメリットを踏まえて行動していけば

不安になったり悩むこともなくなります。

 

家庭と仕事を両立したい!

自由な働き方をしたい!

という方は是非一歩踏み出してみましょう。

 

 

------------------------------


栄養士・管理栄養士の皆さん

私にLINEで質問してみませんか?

在宅ワーク、キャリア、起業、収入、生き方のご相談を受け付けています。


パソコンの方は
こちらのQRコードを読み取っていただければ
お友達に追加できます。



スマホの方は以下のアイコンをクリックして お友達に追加してくださいね。

友だち追加


 
The following two tabs change content below.

管理栄養士 岡田明子

管理栄養士歴18年。在宅ワーカー歴8年。    在宅ワークで仕事と家庭の両立をし充実したライフスタイルを過ごしています。    経済的自立を目指す女性を応援!   詳しいプロフィールはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です